贈答文化であるお歳暮の将来性

お歳暮と聞くと、日ごろお世話になったり、親切丁寧に接してくれた方に対して感謝の気持ちを込めて贈答する品物のことを言います。


年末にかけての風物詩でも機能し、これを行うことは日本の古来からの文化でも認識されることも多かったです。

お歳暮情報ならこちらのサイトです。

一般的には身近に存在する人を大事にしようという心構えで望むべきものであり、形からでも礼儀を尽くすことが道徳観でも推奨されることでした。

ただ近年は虚礼廃止の傾向が強く、以前ほど贈答をすることが少なくなったのは事実です。

その証拠に百貨店やデパートなどのお歳暮商戦が、いまいち盛り上がらないことを見ても確かになります。
度重なる消費税の値上げなどで以前よりも経費も掛かってしまう点もあったりするので、企業・個人を問わずためらう大きな理由にもなっています。

しかも公務員などの場合、品物を贈答することは贈賄の疑いが発生する恐れもある他、倫理上も良くないことで金品の受け取り自体を禁止しています。

一般の民間企業ではそういった事情がないのですが、公務員と同じように倫理上も良くないと理由や経費が高めになるなどの事情で廃れております。


他にも以前は贈答文化を牽引していたお年寄りが亡くなり、若い世代にはそのお歳暮の文化があることを知らない事情も存在します。



つまり今後、お歳暮は過去の文化となり、廃れてしまうのは明らかになります。

以上のことから日本の贈答文化であるお歳暮は、将来的にも減少傾向になっていくのは明らかです。



top