取引先など目上の人にお歳暮を渡す際の注意点

お歳暮は個人間だけでなく取引先にも贈ります。


さらに子どもや自分が習い事をしている場合は講師に贈ることがあります。

お歳暮情報探しのサポートをいたします。

基本的にお歳暮の渡し方は個人間と同じですが、ビジネスシーン独特の習わしのようなものやコンプライアンスの観点もあるので、勝手に贈らず必ず上司に相談をしてから行動することが基本になります。



取引先にお歳暮を贈る場合は12月に入ってからであり、定期的な訪問や商談があればその前に渡します。



もし商談などが自分の会社で行われる場合は神袋を添えるのを忘れないように注意が必要です。


これは相手のことを考え持ち運びしやすいようにすることが理由となっています。もし商談などがない時には郵送でも大丈夫ですが、必ず一筆添えるようにします。
習い事の講師に渡す場合においても12月に入って、最初の教室もしくはお稽古の際となりますが、この時他の人の目に入らないようにすることが基本です。

できるだけ人目を避けてタイミングを見計らい、講師に負担にならないよう配慮することが大切になります。

ただし習い事も取引先に贈る場合と同じで、その習い事ごとに暗黙のルールが存在することがあります。
品物は贈らないといった決まり事を設けていたり、品物を贈るのではなく商品券や現金でお渡ししたりと様々であるので、どのようにしたらよいのかわからない場合は、他の生徒に聞いてみることが大切です。

目上の人にお渡しする場合は、できるだけ対面でしっかりと顔を拝見し、感謝の気持ちを伝えることが基本になります。

お歳暮の身になる知識

お歳暮は12月の年末に贈る贈り物であり、お世話になった人に感謝の気持ちを込めた贈り物になります。一度贈った相手には継続的に贈り続ける物になるため、途中で送るのを止めるのは失礼になります。...

more

お歳暮の身に付けたい知識

日本には礼を尽くすという言葉があります。普段お世話になっている方に、尊敬している方に感謝の気持ちを伝え行動するという美しい文化があります。...

more

お歳暮の学びたい知識

お歳暮と聞くと、日ごろお世話になったり、親切丁寧に接してくれた方に対して感謝の気持ちを込めて贈答する品物のことを言います。年末にかけての風物詩でも機能し、これを行うことは日本の古来からの文化でも認識されることも多かったです。...

more

お歳暮の秘密

お歳暮はお相手に感謝の気持ちを贈り物として渡す事ができ、長い付き合いを願うという意味も含まれています。そのため社会人であれば会社での付き合いによって、送る相手は多くなる事も出てきます。...

more
top